スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏の碑文「epitaph of the twilight」

黄昏の碑文

夕暮竜を求めて旅立ちし
影持つ者、未だ帰らず
ダックの竃(かまど)鳴動し、闇(ダック)の女王ヘルバ、
ついに挙兵す
光(リョース)の王アペイロン呼応して 両者、虹のたもとに
まみゆ
共に戦うは忌まわしき"波"アルバの湖煮え立ち
リョースの大樹倒る
すべての力、アルケ・ケルンの神殿に滴となり
影を持たざるものの世、
虚無に帰す
夕暮れ竜を求めて旅立ちし影持つ者、
永久(とわ)に帰らず

黄昏の碑文00

"波"に蹂躙されし麦畑に背を向けて
影持つ娘のつぶやける
"きっときっと帰るゆえ"
されど、娘は知らざるなり。
旅路の果てに待つ真実を。
彼女らの地の常しえに喪われしを

黄昏の碑文01

指が月を示しとき
愚かなる者
指先を見ん

黄昏の碑文02

系の改変、能わず
我ら、その機会をすでに失してあり
残されし刻の、あまりに少なきゆえに
我ら道を過てり
今にして思う
我らが成すべきは、系の変更にあらず
個の変化なりしかと

黄昏の碑文03

天を摩す"波"視界を覆いて余りあり。
偏在する力に抗すべくもなく、
影なきものたち、ただ嘆息す。
なにゆえに"波"なるか。
せめて波濤のひとつもあれば
一矢報いんものを

黄昏の碑文?

【文字化けの為、読めず】(因文字变形的缘故,无法解读)

黄昏の碑文(エピグラフ引用)

ようよう竜骨の峰々を越えし後、
出会いし竜の言いける。
我が名はシェラタン。
サインを意味するものなり。
我が問いに答えよ。
さらば、我、役目を終え、
この地を去らん。
―誰の目の前にも等しくありながら、
誰一人として、そをとらえること叶わず。
そ、とは何か?

黄昏の碑文(ワイズマン添付)

禍々しき波の何処に生ぜしかを知らず。
星辰の巡りめぐりて後、
東の空昏く大気に悲しみ満ちるとき
分かつ森の果て、定命の者の地より、波来る先駆けあり。
行く手を疾駆するはスケィス。
死の影をもちて、阻みしものを掃討す。
惑乱の蜃気楼たるイニス。
偽りの光景にて見るものを欺き、波を助く天を摩す波、
その頭にて砕け、滴り、新たなる波の現出す。
こはメイガスの力なり。
波の訪なう所希望の光失せ、憂いと諦観の支配す。
暗き未来を語りし者フィドヘルの技なるかな。
禍々しき波に呑まれしとき策をめぐらすはゴレ。
甘き罠にて懐柔せしはマハ。
波、しょうけつ(漢字見当たらないのでひらがなで勘弁を)を極め、逃れうるものなし。
仮令逃れたに思えどもタルヴォス在りき。
いやまさる過酷さにて、その者を滅す。
そは返報の激烈さなり。
かくて、波の背に残るは虚無のみ。
虚ろなる闇の奥よりコルベニク来るとなむ。
されば波とても、そが先駆けなるか。

黄昏の碑文(ワイズマンのメール)

ダックの女王ヘルバ、ついに挙兵す。
リョースの王アペイロン、呼応して
両者、虹のたもとにまみゆ
共に戦うは忌まわしき"波"

黄昏の碑文(ミアの言葉)

七姉妹のプレアド、人に恋せしゆえに、
影持つ身となり、ダックを追放さる。
もって、堕ちたるプレアドと呼ばるなむ。
流浪の果て、アルケ・ハオカーに隠栖す。
されど、その日々、つづかず。
再会のありやなしや。
プレアドの姿消え、波の先駆け来たる。


黄昏の碑文について。
正式名称 英語で"epitaph of the twilight" ドイツ語で"Epitaph der Dammerung"
エマ・ウィーラントの書いた叙事詩で原文はドイツ語。
(ドイツ語が原文なのに正式名称が英語なのは謎)
碑文はエマの個人HPに掲載されていた物で、誰でも無料で読めた。
しかし、原本であるHPは"冥王の口付け"によって消失。
エマのHPにはコピーガード(右クリック禁止・保存禁止みたいなもん)が
かかっていたため、熱心な読者が手書きで外部に保存していた物が
残り、BBSなどに流失した。
あらすじは、『影を持たない精霊達の世界が"禍々しき波"と呼ばれるや臭いに侵食され、滅亡の危機に瀕する。
その波はひたひたと押し寄せてくるだけで、実際は戦いようがない。
絶望的な状況の中、光の王・アペイロンと闇の女王・ヘルバは、同盟を結び、ともにこの波に立ち向かう事を決意する』
『その世界には伝説があった。
波が現れた時、3人の影を持つものが夕暮れ竜の探索に旅立つ、と(つまり、夕暮れ竜は波に対抗できる)』
『そうして――影を持つ2人の半精霊と1人の人間が、地の果ての"揺れる半島"まで旅をするることになる。
途中まで旅をサポートするのが、白のフィリと黒のビト』
ドイツ語でも『黄昏』と『薄明』は同じ単語を使用


Epitaph of the Twilight


Unknown where the Cursed Wave was born...
After the stars doth cross the heavens...
The sky in the East doth darken.
And air doth fills with mourning.
From the chosen land beyond the forest,
A sign of the Wave comes.
Riding the Wave is: Skeith, the Shadow of Death,
to drown all that stands.
Mirage of Deceit, Innis,
Betray all with the flawed image,
and did aid the Wave.
And by the Power of Magus,
a drop from the Wave doth reach the heavens,
and creates a new Wave.

With the Wave, Fidchell,
the power to tell the dark future,
hope darkens, sadness and despair rule.
Gorre schemes when swallowed by the Cursed Wave.
Macha seduces with the sweet trap.
Wave reaches the Pinnacle, and escape none can.
Tarvos still remains with more cruelty to punish and destroy.
And with the turbulent destruction after the Wave.
Only a void remains.
From deep within the void arrives Corbenik.

Yet to return, the shadowed one.
Who quests for the Twilight Dragon
Rumbles the Dark Hearth,
And Helba, Queen of the Dark, has raised finally her army.
Apeiron, King of Light, beckons...
At the base of the rainbow they meet.
Against the abominable "Wave," together they fight.
Alba's lake boils.
Light's great tree doth fall.
Power - all now to droplets turned in the temple of Arche Koeln.
Returns to nothing, this world of shadowless ones.
Never to return, the shadowless one.
Who quests for the Twilight Dragon.

The wife buffeted by "waves" turns her back on the field.
The daughter that waited for the shadows repeated,
"For sure... For sure I can go home."
But the girl did not know...
The truth that waited at the end of the journey
The eternal mourning of her land.

In the place of the calamitous, only life was known.
After the circling stars
When the eastern dark void, the air full of despair
In the depths of the divided forest, in the land of Karma,

Riding fast on the path is Skeith
Bearing death's shadow, it eliminates all that seek to thwart it.
The Confusing Mirage, Innis
Deceives those that see it with illusions, rescues the waves

The wave soaring high, when its head is smashed,
A new wave will emerge
To become Magus's power.
When questioning the wave,
Hope's light will be lost when he speaks of the dark future of where
sorrow and resignation reign.
Using Fiddlehiem's Technique

When engulfed by the Waves of Calamity, Gorre will plan
The sweet snare of conciliation is Macha
The Waves, an exceeding maelstrom
Nothing can escape

When you think you have escaped, Tarvos exists
To destroy those with his exceeding cruelty
Upon violent requital, only to remain is the void, the vacant darkness
is the harbinger that Corbenik is to appear.
Perhaps then the Wave is just a
beginning as well.

----Emma Wielant


黄昏的碑文(全篇译文)

序章:
为寻求黄昏巨龙而踏上旅途的拥有阴影之人
尚未归来
当暗的炉灶开始响动时、暗之女王赫鲁芭终于举兵而起
光之帝王阿贝隆与之遥相呼应
两者于彩虹的尽头相会
携手展开与“禁忌之波”之间的战争
阿尔巴的湖水为此而沸腾
光之大树为此而倾覆
所有的力量都汇聚为阿尔凯·凯伦的神殿中的水滴
招来阴影之物的世界重归于虚无
为寻求黄昏巨龙而踏上旅途的拥有阴影之人
永远没有归来

黄昏的碑文00

背对着饱受“波涛”蹂躏的麦田
拥有阴影的女孩轻轻地嗫语
“一定……因为一定会回来的”
于是,女孩被告知了。
在旅途终点所等待着她的真实。
还有她们的身边那难以预料的命运……

黄昏的碑文01

当手指朝向月亮之时
愚蠢的人
是无法看见指尖的

黄昏的碑文02

整个体系的改变是做不到的
吾等已经失去了那样做的机会
——因为留给吾辈的时间已经所剩无几之故
吾等的路已经走得太久了
现在吾辈是这样认为的
——吾等应该去做的、并不是整个体系的改变
也许应该是个体的变化

黄昏的碑文03

连天的“波涛”遮住了所有的视野
就连对抗那种偏离常道之力的手段都没有
没有阴影的人们,所能做的就只有叹息而已
因为对手是那些“波涛”的缘故
要是至少能拥有那些波涛当中的一个的话
也许就能够报那一箭之仇了

黄昏的碑文(图解篇)

在越过悠悠龙骨诸峰之后、
所遇到的龙这么说道:
“吾名为榭拉坦,
意为原罪。
回答吾之质问吧,
这样吾将得以终结所负使命、
离开此地。”
一方面在谁的面前都是平等的,
另一方面却又无论是谁、都无法将其抓住。
其为何物?

黄昏的碑文(沃兹曼的情报)

没有人知道“灾祸之波”是从哪里出现的。
在星辰轮回之后、
当东方天空中那阴霾的空气被悲伤所充盈时、
从决定宿命之人的身边、分歧的森林的尽头、波浪的先驱出现了。
朝向目的地狂奔的是斯凯斯。
它用手中死亡的阴影,扫荡一切敢于阻碍前进的东西。
惑乱的海市蜃楼伊尼斯。
以虚假的景像迷惑所有见过它的人、一波接着一波连天的波涛、
从顶端崩垮、滴落、形成新的波浪。
这就是梅格斯的力量。
波浪所到访的地方失去了希望之光、被忧郁和悲观所支配。
这是暗未来的倾诉者菲赫尔的能力所致。
布下计策使人被“灾祸之波”吞噬的是格雷。
使用甜美的陷阱让人沉迷的是玛哈
波涛们猖獗拔阜、没有人能够从他们的肆虐当中逃离。
即便是以为逃脱却还有塔尔沃斯的存在。
它用那惨绝人寰的的残忍、给予对方毁灭。
其报复猛烈无比。
于是、“波涛”所过之处只有剩下虚无。
科尔菲尼克将从虚空的暗深处降临。
于是对波涛们来说,其为攻入敌阵之先驱。

黄昏的碑文(米亚的传言)

七姐妹中的芙蕾阿、因为与人类相恋而坠入爱河、
从此变为拥有阴影之身、被流放到暗之中。
因此、被称作堕落的芙蕾阿。
在流浪的终点、她隐居于阿尔凯•哈奥卡。
于是、那些日子、将不再继续。
在还不知何时才能再会的时候。
芙蕾阿的身影已经消失了,出现在那里的是“波涛”的先驱。

————————————————————————————
关于《黄昏的碑文》:
正式名称是——英语为“epitaph of the twilight”; 语为“Epitaph der Dammerung”
为艾玛.维兰创作的长篇网络叙事诗歌,原文为语。(虽然正文为语,但不知为何标题却是英语,原因不明)

碑文转载于艾玛的个人互联网主页上,无论是谁都能免费观看。
但在之后不久因受到“冥王之吻”事件的影响而消失。
在艾玛的个人主页上因添加了防拷贝系统(右键点击拷贝.保存等指令被禁止)而由外部的热心读者以手写的方式遗留下了一部分——BBS上的则尽数消失。

开头介绍上的内容提要是:“没有影子的精灵世界正被「可憎之波涛」所侵噬,濒临灭亡。「波涛」以破竹之势前进,令人根本无法抵抗。关键时刻,光之帝王阿贝隆与暗女王赫鲁芭结为同盟,决心共同对抗「波涛」”;“这个世界存在着一个传说:当「波涛」出现的时候,拥有3人之影的人出发踏上了寻找黄昏巨龙之旅(也就是说:黄昏巨龙是能够对抗「波涛」的唯一存在);于是,拥有影子的两位半精灵和一个人类向着大地的尽头「浮动的半岛」前进着,途中给予他们协助的,是白色的菲利与色的彼特”(语中也使用了同样的“黄昏”与“黎明”的单词)
·顺带一提:似乎在黄昏的碑文中,故事是从湖中心(NAVEL OF LAKE)开始的。
(Δ 隠されし 禁断の 聖域就是「The WorldR1_fragment」時代的NAVEL OF LAKE)

艾玛.维兰(1972~2004)
出生于莱茵河附近古老的维纳里,年幼时母亲亡故。
父亲也在她18岁时猝死。
根据父亲的遗言,舅舅成了她的监护人,舅舅密谋夺取遗产而提出收艾玛为养女,但遭到对方拒绝。
一直到遗产继承年龄的20岁时,在医学院度过20岁生日的艾玛终于因心力交瘁支持不住而一病不起。
好在身体尚在顺利恢复中的艾玛听从了主治医生的建议,前往法国的疗养地度过了一段短暂的时光。
在此期间接触到了改变她人生的神秘体验。
经过这次事件之后,她狂热地迷恋上了休塔纳的人类心智学。此后,开始动手着写“the Epitaph of the Twilight(黄昏的碑文)”。
不幸的是,在完成前夕,艾码因交通事故而陨命,享年28岁。
根据传闻,艾玛似乎有个大她20岁的情人。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Chevalier

Author:Chevalier
Pauvres Chevaliers du Temple

カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
终焉の地
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Music
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。